明屋書店渡瀬店

d0073690_1172390.jpg同じ大通りにあるあおい書店さんじの店に行った後、明屋書店渡瀬店へ行ってきた。

#17 明屋書店渡瀬店
静岡県10 浜松市8
浜松市渡瀬町804−1
053-468-6622

前回のあおい書店の回でも書いたが、ここの周辺は浜松市の中でも大型書店(浜松の中で)激戦区の1つだ。この明屋書店渡瀬店ができる以前から精文館があり、できた半年後くらいにはあおい書店がすぐにできた。まぁ、一番大変だったのは精文館だろうけど、それぞれ今は同じくらい大変だろう。ボクの書店も競合店の相次ぐ出店でなかなか苦しんだのでその大変さは身をもってよくわかる。


さて、明屋書店渡瀬店だが、明屋の前にあおい書店を見ていたので、もともとこの明屋書店はきれいなのだが、よりいっそうきれいに見えた。実際、あおい書店よりも以前にオープンしているとは思えないほどクリンリネスが行き届いており、明屋書店の代名詞でもある季節感ある飾りつけが、主張し過ぎず、程よく店内に施されていて非常に爽やかだ。

以前は浜松市内に3店舗くらいあった明屋書店だが、現在はこの渡瀬店のみになってしまった。全国にチェーン展開されている書店だが、やはり今までの100坪程度の大きさでは、最近の500坪前後の複合店には対抗できなかったようだ。

浜松最後の明屋書店であるこの渡瀬店は、200坪程度であるが、店内のクリンリネス、棚メンテナンス、コーナー組みなどがしっかりできているので、清潔感がありお客さんも足を運びやすいのではないだろうか。
全体の在庫量は近隣の精文館やあおい書店よりも少ないが、定番商品がしっかりと揃えてあり、少ない在庫ながらも最低限必要なものは手に入りそう。ただ、やはり精文館などと比べてしまうと、商品量で劣るせいもあってか、書店としての奥行きの無さを感じてしまう。
それを補えるだけの大掛かりなフェア組みなどあればよいのだが、そのスペースも無い為、コアな本好きはやはり定着しないのかな?と感じた。

でもね、丁寧でよい本屋さんだと思います。
棚を見て本というコンテンツに対する愛情を感じます。
個人的には、もう一歩踏み込んだ独自のこだわりを見てみたいなぁ、と思いました。


明屋書店渡瀬店
[PR]
by pilotfish73 | 2006-08-16 02:20 | 本屋回遊記


<< 河村ブックス あおい書店 さんじの店 >>