有隣堂アトレ恵比寿店

d0073690_21414741.jpg朝7時起床。休みというのに本日は早起き。8時前に家を出て、8:44浜松発-10:05品川着の新幹線に乗り、いざ東京の書店へ。品川からすぐに山手で恵比寿へ。先日うちの取次の担当者さんが東京からやってきたので、「どこか東京の書店で評判のよいお店ない?」と聞いたところ、色々とあげてくれたなかの1店舗。まずは有隣堂アトレ恵比寿店へ。

#20 有隣堂アトレ恵比寿店
東京都1 渋谷区1
渋谷区恵比寿南1丁目5−5
JR恵比寿ビルアトレ恵比寿
03-5475-8384

開店直後ということもあって、店内はまだお客さんがほとんどいない。入口のイベントでは、・・・・・・あぁ~忘れてしまった。フジ子・ヘミングの原画展?

違ったっけな・・。う~ん、よくわからん。確か販売もしていた。1枚15万円とかしてた。

さてさて、店内ですがさすが。まずすごく整理整頓が行き届いていて、店内全体が明るく清潔な印象。レジの対応も明るくて良い。商品のボリュームも程よい。平台の陳列はピラミッド型ではなく、フラット。コレはやはり欲しいものがしっかりと入ってくるからできるのだろうなぁ。

雑誌は、一つのコーナーとしてあるのではなく、それぞれのジャンルの書籍棚と隣接して置いてある。ボリュームはやはり浜松の郊外店とは比べ物にならない。TITLEなどが山積みに積んであり、思わず「おぉ~っ」と声に出そうになってしまった。壁に常設されていたエスクァイアやPen、商店建築のバックナンバーフェア専用の什器がスタイリッシュで格好良かった。

まぁ、全体的にはキレイで整理整頓がしっかりされていて見やすくとてもよい印象だったが、期待が高すぎた為か、衝撃は受けなかった。ビジネス書や人文社会などは品揃えも普通であったし、何かに特化しているというワケでもない。仕掛けがあるわけでもなく、総合書店として様々なお客様に対応できる品揃えと商品選定という感じであった。まぁ、立地から考えればそうなるのだろうなぁ。。。
商品の見せ方も特に参考になる点は見つけられなかった。
ただただ、整理整頓が店全体で行き届いているとこんなにも店全体が引き締まって見えるのかと感じた。

有隣堂アトレ恵比寿店には10:10~10:40まで滞在。
当初の予定はココで1時間とってあったが気持ちの赴くままにと決めていたので、30分で退散。

次回は、渋谷へ。


有隣堂アトレ恵比寿店
[PR]
by pilotfish73 | 2006-08-29 23:08 | 本屋回遊記


<< ブックファースト渋谷店 精文館書店本店 >>