国マニア

d0073690_1852840.jpg青春出版から出ている「世界で一番おもしろい地図帳」(¥500)が一時期すごく売れた。今も売れ続けている。そんなにおもしろいのかと少し読んでみると、¥500にしては少し知識を吸収した気になれてお買い得&おもしろいかもしれないと思った。でも、この国マニアを見つけてしまっては、もう断然こっち。とにかく信じられないような国がこんなにもあるのかと驚いた。

#7 国マニア 世界の珍国、奇妙な地域へ!
    交通新聞社(¥1,500) 吉田一郎

ここに出てくる国や地域には常識や道徳は通用しません。ハローキティ金貨が通用するクック諸島ニウエ、イギリスがつくった人工島を占領してつくった人口4人のシーランド公国、切手マニアのために切手を作りまくって財政を支えているピトケアンなど、地理の教科書には絶対に載っていないマイナーな珍国が52国も。ちなみに、ボクがこの本で紹介されている国で、知っていたのはバチカン市国のみでした。

仕掛け販売の商材選びが楽しいのは、何と言ってもこういった本をお客さんに紹介できること。
ちょっとした知識にもなるし、ボク自身が、「いやぁ~、こんな本を読みたかったんだよねぇ」と思える本をどかっ!と積んでお客さんが手に取ってくれるのを見るのが仕掛け販売の醍醐味。
この本、読む人によっては相当面白いはず。
売れ行きはちょっと地味目で、2日に1冊ペース。
[PR]
by pilotfish73 | 2006-09-19 19:22 | 仕掛けどうでしょう。


<< バブルの肖像 谷島屋書店連尺店 >>