TSUTAYA 浜松中央店

d0073690_2173531.jpg本屋回遊記リポーター&本屋専門旅人のからすやまが勝手に認定した、浜松3大・書店激戦区のうちの1つにこのTSUTAYA浜松中央店はある。しかし、このTSUTAYA浜松中央店がある通称?宮竹激戦区の最重要書店、「よむよむ」がその早すぎる撤退をしてからというもの、宮竹激戦区の勢力図はどう変わったのか・・・、そして宮竹激戦区内随一の規模となったTSUTAYA浜松中央店に変化はあったのか?その辺を見に行ってきた。

#42 TSUTAYA 浜松中央店
静岡県20 浜松市17
浜松市上西町906
053-411-7780

ジャンボシラトリが運営するTSUTAYAのFC店がこのTSUTAYA浜松中央店であるが、スポーツ用品と書店・レンタル・セルCDというのは、そもそも相性がいいのか?というのが当初からの疑問であったが、そのあたりははっきり言ってよくわからない。ボクはこのTSUTAYA浜松中央店に何度か足を運んでいるが、ジャンボシラトリに買い物に行ったことはない。まぁ、そもそも20mもダッシュしたら具合が悪くなるくらい運動不足のボクの意見なんて何の参考にもならないが・・・。

さてさて、よむよむが撤退してさぞ売上も上がったであろうTSUTAYA浜松中央店だが、やはりオープン当初とはレイアウトも大きく変わっており、売場も縮小されていた。。。!?

縮小!!!

なぜだ。

衝撃だった。第一商圏内の最競合の書店が撤退したのに、その書店部門を縮小していたのだ。理由は、ゲーム部門を入れたからだった。ゲームを入れることによって、以前は入口左手にあったCD部門の場所にコミックと児童書と育児書を持ってきて、その他は大幅に縮小していた。

入口左手に移設した児童書と育児書コーナーは以前より数段スケールアップし、壁面の棚什器も木製へと変化し、ナチュラル感がよい。
見せ方も、面陳が多用され見やすく見ていて楽しい。商材のチョイスもすごくいい。
最初にこのコーナーを見てしまったからか、あとが本当に物足りなくがっかりとしてしまった。

文庫はこの規模の書店とは思えないほど少ない在庫量。平台もPOP畑になりすぎていて、POPが邪魔して商品が見にくい。文庫の棚スパンが少なすぎるため、平台にまるでブックオフの様に商品が立てられている箇所だらけ。商品は見にくいし品揃え悪いし、手に取りにくい。反対にエンドの平台にはすごい積み方。でこぼこでここもPOPだらけでもはや何がオススメなのかわからない。

雑誌棚は什器の上にいつからのかわからないくらい埃が積もっていた。
文芸書も商材が古く、ここもPOPだらけで見にくい。そして平台は平済みよりも立てられている商品のほうが多く、本当に新刊書店か?と思ってしまうような陳列。

う~ん、以前のTSUTAYA浜松中央店は商品の見せ方もメディアミックスして映像を流したりと目に留まるコーナー組みが多く楽しい売場だったのに変わってしまった。

最競合のよむよむが撤退したのにこんなにもったいないことをしているのは理解に苦しむ。
もったいない。楽しい書店だったので思いはなおさらだ。

宮竹激戦区は、この分じゃイケヤの一人勝ちかなぁxxx。
[PR]
by pilotfish73 | 2007-01-14 22:18 | 本屋回遊記


<< 戸田書店 静岡本店 BOOKアマノ アクト北店 >>