ブックマンズアカデミー 前橋店

d0073690_2293082.jpg本屋回遊記目指せ全国制覇!ツアー第一弾として、茨城県、群馬県、栃木県の北関東を巡ってきました。群馬県では3店舗見てきたのですが、今回はその1店舗目として今や有名書店となったブックマンズアカデミー前橋店を紹介したいと思います。

#54 ブックマンズアカデミー前橋店
群馬県1 前橋市1
群馬県前橋市大渡町2丁目3-1
027-280-3322

朝8時半につくばを出発。常磐道で東京に向かい、外環経由で関越自動車道に乗り前橋を目指す。今まで何度も首都高は通っているが、外環と関越は初めてなのでやや緊張。。。関越に入ってからは、奥さんと一緒に「新潟ナンバーだ!」「おっ、長野ナンバーだっ!」と子供のように行き交う車のナンバープレートを見てはしゃぐ。小学生かオレタチは。。。

2時間半をかけて無事前橋市へ到着。おぉぅ。前橋シティは想像以上に大きな街ですなぁ。しかもきれいな町並みじゃないか。。。前橋ICを降りてからは、事前に用意していた地図のおかげで迷うことなく無事に目的地ブックマンズアカデミー前橋店へ到着。

外観はなんとなくパチンコ店みたい。しかも、「コミック取り扱い始めました!」の旗がはためいている。あれ、コミックを置いていないのが一つの売りだったはずなのにぃxxx。ここは、以前にウチのお店の担当だった取次ぎのMさんから教えてもらったお店で、非常に期待していたので、ちょっと不安になる。まぁ、でも中に入ってみないことにはね。。。
さっ、いざブックマンズアカデミー前橋店へ。

おー、素敵じゃないか(By BeachBoys)。
店内に入ると、外での不安が一気に吹き飛ぶ。店内は窓が多いのだが、窓は全てロールカーテンが下げられており強い日差しをしっかりと遮っている。カーテンのおかげで店内全体が人工的でない明るさなのがとてもいい。BGMはやや大きめにクラッシックがかかっていたが、決して選書の妨げにはならない。

さてさて、入口右手の地元関連のコーナーから見てまわる。
う~ん、やっぱりどこへ行ってもこのコーナーは面白くていいねぇ。ブックマンズアカデミー前橋店では、thinkreedから発売されている「群馬カフェ案内」と「月間ライフ」が平積みに。装丁も素敵で思わず手に取りたくなる本だ。

お決まりのコースで、まずは雑誌コーナーから見てまわる。いやぁ、綺麗な雑誌売り場です。整理整頓具合もボリューム感も素晴らしい。奥へ進むとサライとダヴィンチのバックナンバーコーナーがあったり、生活誌コーナーには最近創刊されたばかりで気になっていた「エコジン」も並んでいた。さすがだなぁ。。。

ブックマンズアカデミー前橋店で一番素敵だと思ったのが、新刊コーナー。
なんと、全ての新刊コーナーが1階にあるのだ。ビジネス書や人文書コーナーは2階にあるのに、それぞれの新刊は1階入口付近に大きく新刊コーナーとしてあるのだ。いやぁ、コレは結構斬新だったなぁ。メリット、デメリットとあるだろうが、忙しい日は1階の新刊コーナーをぐるっと見て回り、時間のある日は2階も含めて店内全体を見て回るなど、うまい利用法が見つかりそうだ。

各ジャンル棚の見せ方も絶妙で、随所に面陳列がちりばめられており、棚を見ているだけでも全く飽きない。棚で気がついたのが、所謂棚さしの本も1冊ではなく、数冊で棚差しされているものが多い為、背表紙だけでもしっかりと本が目に飛び込んでくるよう工夫されていたこと。

d0073690_3364188.jpg1階を見て回るだけで1時間半も経っていたので、イカンxxx、とあわてて2階へ。あぁ、2階も面白いじゃないの。。。

専門書の棚を見ていて飽きないのも珍しい。理工書だけでいったらウチのお店とそんなに品揃えに差は無いのだが、とにかく見やすい。理由は、ジャンル分けがきっちりと細かくされていたからだ。案内プレートもしっかりとささっていて探しやすい。

ブックマンズアカデミー前橋店では、特に環境関連の本が充実していて、その品揃えに驚いた。そんなニーズが本当にあるのか?と思う程の充実振り。

う~ん、コレだけの管理をするとなると結構手間かかりそうだなぁ。しっかりと専門書担当者さんとかいるのかな。メガブックストアーだと当たり前のジャンル別担当社員も、地方の郊外店になるといないほうが当たり前。300坪クラスで社員2~3人が平均じゃないのかな。そう思うと、このブックマンズアカデミー前橋店も1店舗の正社員はそんなに多くないと思うのだが・・・。

それでも、全体的にとにかく棚のメンテナンスが行き届いていて、クリンリネスも◎。
いやぁ、浜松から長い時間かけてここまで見に来た甲斐がありました。
久しぶりにハイレベルな郊外型書店に出会えました。。。


ブックマンズアカデミー前橋店
[PR]
by pilotfish73 | 2007-06-17 04:02 | 本屋回遊記


<< フリッツ・アートセンター 友朋堂書店桜店 >>