精文館書店領家店

d0073690_20484437.jpg本屋回遊記目指せ全国制覇!宣言と同時にひっそりと宣言しました、本屋回遊記目指せ地元浜松全書店制覇!も地味に続けております。

#58 精文館書店領家店
静岡県24 浜松市18
浜松市領家3丁目14−1
053-466-6337

からすやまは地元浜松の書店を盛り上げたいのです。
どう盛り上げたいのか具体的にはまったくわかりませんが、ナショナルチェーン店が、「浜松は地元の書店が盛り上がっているから出店しにくいなぁxxx」な~んて感じで、敬遠するほど浜松の書店は元気!と言われたいのです。
それとボクの本屋回遊記がどう関係するのかなんてそんなことは考えてはいけません。これはボクの趣味なのですから。。。

さてさて、精文館書店領家店です。
愛知県は豊橋市に一大勢力を築き上げている精文館書店ですが、お隣ともいえるここ浜松ではこの領家店が唯一の店舗です。磐田市には1店舗ありますが・・・。
この周辺は車で数分走るとすぐに、あおい書店、明屋書店と結構大き目の郊外店があるので、浜松書店3大激戦区のうちの一つなのですが(ってボクが勝手に決めただけです)、その中でもこの精文館書店領家店は頭一つ出るレベルだと言えるでしょぅ。

入口は2箇所。
向かって右手が雑誌、書籍売場につながる入口で、反対はコミック売場につながる入口。
ここ精文館書店領家店の雑誌売場は秀逸で、とにかくきっちりとしたジャンル区分と鱗陳列が少ないので非常に見易い。特に女性実用、料理、女性誌のコーナーがすっきりと見やすく、ゾーンわけもされているため、安心して見る事ができる。雑誌棚裏の児童書コーナーも絵本の面陳列が多く、目が楽しい。

雑誌コーナーをぐるりと囲む壁面の実用書棚もゴールデンゾーンはオール面陳になっており、平台を含めてしっかりと売れ筋、店独自にチョイスされた商材が陳列され興味深い。雑誌コーナーの女性実用、料理、女性誌の面白さが同ジャンルの書籍にもしっかりと連動されているようだ。

雑誌コーナーの秀逸さが目立ったぶん、書籍コーナーに若干寂しさを感じた。
特に仕掛け等、店独自の選定商材もなく、際立ったコーナー組みも見つからなかった。
棚の管理がよかっただけに、売場全体で見た場合面白みにかけたのがもったいないなぁと感じてしまった。

やはりこのレベルの書店には、何か変なこと、面白いことを是非ともやってもらいたいなぁ・・・。

というか、ボクが見たいだけ。


精文館書店領家店
[PR]
by pilotfish73 | 2007-07-11 23:47 | 本屋回遊記


<< 水の迷宮 父からの手紙 >>