BOOK KIOSK京都駅新幹線改札内店

d0073690_02059.jpg7月下旬に突然九州は佐世保に行ってきた。朝出社して、雑誌・新刊・注文品を出して定期改正をして発注して早退し、午後に浜松を出発。新幹線で博多まで行き、博多から特急みどりで佐世保へ。約7時間の強行軍。今回は計画された旅ではなく、書店を見る気も無かったのだが、乗り継ぎのために途中下車した京都で30分以上の待ち時間があったため、駅弁を買うためにふらふらホームから降りたら書店発見。悲しいかな、書店を見つけてしまうとどんなときでも血が騒ぐ。覗かずにはいられない。そんなわけで、本屋回遊記全国制覇編、京都なんちゃって制覇です。

#61 BOOK KIOSK京都駅新幹線改札内店
京都府1
京都駅新幹線改札内

すでに京都に着いた時点で疲れ気味でしたが、とりあえず駅弁を買おうと奥さまとホームから下に降りると、おおぅ。なんと書店があるではないですか。ブックキヨスクですよ。そしてここは京都。う~ん、京都の書店はまだどこも見たことがない。なんちゃって京都制覇にしちゃおうではないか、とあくまの声がささやく。

まぁ、そんなことは別にして書店がそこにあったら覗かずにはいられない性分であるボクは、早速中を覗いてみる。まぁ、キヨスクですからベストセラーや雑誌の商品量が多いだけの普通の店だと思っていたら、変な特徴がありました。

d0073690_1182364.jpgなんと、ゴルゴ13が全巻揃っていたのです。
コミックの棚上から4段、全てゴルゴ13なのです。

ゴルゴ13が全巻揃っている新刊書店を見るのはここが初めてでした。いやぁ、それにしても全145巻が揃っている様は何ともいえませんなぁ。それにしても、どのような理由でゴルゴを全巻そろえているのでしょうか。そんなに売れるのかなぁ。ワンピース全巻置くのでもなく、こち亀全巻置くのでもなく、なぜゴルゴなのか。

新幹線を使って出張をするビジネスマンが新幹線で時間つぶしに読む漫画No.1はゴルゴ13である、なんていう統計は絶対にないだろうし、そもそもどの巻から読んでもそこそこ楽しめるのであれば、こち亀でもいいだろう。巻数でいったらこちらも全156巻とむしろゴルゴ13よりも多い。いや、そもそも巻数勝負ではないから、きっとその内容が全巻置いてもらえるかどうかの分かれ道なのだろう。う~ん、それが何なのか知りたいxxx。

結局なぜゴルゴ13が全巻あるのか判明しなかったが、さすが京都駅新幹線改札内の書店だけあって、一般書店とは違ったものが違った在庫量で興味深かった。ゴルゴ13全巻揃いにも驚いたが、日経ビジネス人文庫の平積み量にも驚いた。やはりビジネス人向けの品揃えなのですねぇ。

まぁ、時間も無かったのでじっくりと見ることはできませんでしたが、どんな特徴であれ、何かしらの特徴がある書店を見ることは楽しい。そしてその理由を考えるのが楽しい。

魅力的な書店が多いと言われている京都は、いずれ本腰を入れて本屋巡りをしたい土地。
このなんちゃって京都制覇で終わるつもりはないのだ。


BOOK KIOSK
[PR]
by pilotfish73 | 2007-08-15 02:14 | 本屋回遊記


<< 金明堂書店フレスタ店 ヨシダ書店 >>