café & books biblioteque 福岡・天神

d0073690_3242841.jpg長崎佐世保から浜松へ帰る前に、福岡天神経由で大橋にある奥さま方祖母宅に寄った。91歳になるおばあちゃんはひ孫に初めて会えてとても嬉しそうだった。佐世保のおばあちゃんが、会えなかったぶん大橋へ兄夫婦と寄ったのだが、姪にとっても祖母にとっても、そして我々にとっても意義のある訪問となった。血の繋がりとは、感慨深いものだ。

#63 café & books biblioteque 福岡・天神
福岡県7 福岡市7
福岡県福岡市中央区天神2-10-3 VIORO B1F
TEL:092-752-7443

さて、大橋を後にし兄夫婦とも天神で別れ、我々夫婦ももう浜松に帰るだけとなったので、新幹線の時間までを利用して天神の書店を1件だけ見ることにした。天神駅から徒歩1分で行けて、しかもおいしいコーヒーが飲めるところ。そう、カフェ&ブックス ビブリオテークです。
暑い中結構な距離を歩いたのと二日間の疲れとで、とにかく少しでもいいからゆっくりと休憩を取りたい。それでもせっかく天神を通過するのに書店の一つ回らないなんて、本屋の旅人からすやまの名に廃るxxx。などなど、まぁそんなボクの思いを全て満たしてくれたのがカフェ&ブックスビブリオテークなのです。

こちらはブックス&カフェではなく、カフェ&と先にカフェがくるだけあって、メインはやはりカフェ。本屋さんのスペースは非常に狭いが、その狭いスペースを有効活用して本をたくさん綺麗に並べている。カフェのスペースは全体の8割くらいで、シャレた雰囲気のせいか若い女性客が多い。奥さんと一緒に来ているので違和感は全くないが、男性一人だとちょっと緊張するかも。

とにかく疲れて喉カラカラだったので、アイスコーヒーととってもおいしそうな温かいガトーショコラ アイスクリーム添えというのを注文した。いやぁ、温かいと冷たいの組み合わせってこんなにおいしいのですねぇ。。これ奥さんが注文したのに、結局ボクのほうがたくさん食べちゃった。

さてさて、本屋さんスペースをちょっと覗いてみる。
真ん中の什器がシャレていて良い。意外と使い勝手も良さそうだ。
本は写真集やデザイン系の洋書が中心。ボクの好きなピーターサザーランドの「Pedal」もおいてある。おぉナイスチョイスです。その他、ファイドンの和書などもおいてあり、全体の統一感が大切にされている印象が強い。バイヤーさんの趣向がはっきりと現れておりますねぇ。。

d0073690_4275178.jpg結局ここでボクが買ったのは本ではなく一冊のノート。MOLESKINE。CLASSICのRuled。以前からとても気になっていて、使ってみたいと思っていたのだが、1冊1.890円もするので躊躇していた。
でも、紀行作家ブルース・チャトウィンが、「この手帳をなくすことは、パスポートをなくすのと同じくらい私にとっては災難だ」と言い残したことによって伝説のノートになった・・・、などという話を聞くと使ってみたくなるではないか。しかもMOLESKINEを買うにはビブリオテークのオシャレさが後押しをするのです?と、まぁ色々な理由を自分なりに見つけてついに買いました。そして、今このノートに自分の本屋さんで使えそうなアイデアを次々に書いています。このノートに書き込んだ全てのアイデアがお店で実践できたとき、ボクのお店はどんな素敵な本屋さんになるのでしょぅ。ワクワクするのだ。

レジでMOLESKINを買うとき、店員さんに本はどうやって仕入れしているのか尋ねたところ、全てバイヤーさんが選び、洋版などは通さず全て直でやっていると教えてくれました。「結構大変なのです」と言ってました。そうだろうなぁ・・・。

今回、ビブリオテークでおいしいコーヒーを飲み、念願のMOLESKINEを手に入れ満足したのですが、時間が許すのであれば、もう一度キューブリックに行きたかったなぁ。。。と思ってしまった。
まぁ、キューブリックはまた次回、本屋巡りで福岡に来たときに!


café & books bibliot
[PR]
by pilotfish73 | 2007-08-24 05:11 | 本屋回遊記


<< いまじん春日井南店 金明堂書店フレスタ店 >>