荒川書店&カネイエ書店 角館にて

d0073690_1955391.jpg待ちに待った夏休みを利用して、本屋回遊記からすやま、ついに東北の地に行って参りました。初日、朝日が昇り始めた頃、浜松を出発。
眠い眠いxxx。しかし、気分は上々。
なんて言ったって今回は、以前よりずーっと見たくて仕方が無かった岩手県の某本屋さんを見に行けるのだ。楽しみで仕方が無い!

しかし、せっかく3泊4日あるので、お隣秋田県へも行ってみようと思い計画を練った。男の隠れ家10月号で見た、秋田県角館の城下町へ行きたくなり奥様へ「角館が呼んでいる!」とワケのわからん理由を述べ、無理やり初日は角館で決定!そして、城下町ももちろん見たかったのだが、新潮社創設者の佐藤義亮氏が角館出身ということで、なんと角館には新潮社記念文学館なんていう素敵なところもあると知り、俄然角館がボクの中で盛り上がってきてしまったのだ。

d0073690_2011927.jpg東京駅からこまちという新幹線に乗車。東海道新幹線と違って、ちょっと豪華ですこぶる快適。東京から盛岡まで行き、その後山の中を進んで角館へ。驚いたのは、盛岡から秋田へは単線でとても新幹線が走る線路には見えなかったこと。そして、新幹線ってこんな山の中通れるの!?というようなところばかり走ったこと。
でもとにかく景色が良い。が、トンネルも多いxxx。まぁ、色々素敵な景色を見たふりしているが、本当は奥さまともどもほぼ爆睡。角館には浜松出発から5時間後のお昼過ぎに到着。ふぅ~。さすがにお尻がイタイ。

角館についてからは歩いてホテルへ。このホテルがまたよいのだ。
角館380年の歴史に溶け込むようにある、田町武家屋敷ホテル。渋い!

ホテルで荷物を預かってもらい、早速武家屋敷通りへ。
と、その前に腹ごしらえで奥さまは稲庭うどん、ボクはうわさの比内地鶏のそば。
当日の天気予報はくもり。ちょっとどんよりしているので心配していたが、奥さまが
「ご飯食べている間に雨降ってきたら君のせいですよ」
と不吉なことを言う。というのも、ボクは所謂雨男。
以前、車の洗車を終えて、ウォッシャーから出たと同時に雨が降って来たことがあるほどだ。
そして、奥さまは臨時休業女。折角計画して遠出してまで行ったお店などが、ことごとく臨時休業しているのだ。今回はそんなことにならないといいが・・・。

d0073690_21161319.jpgと思っていたら、信じられないことに・・・。
ご飯を食べている間に外は土砂降り!!
「そんなアホな!」

奥さまは笑いながらも、呆れているxxx。
う~ん、どうしよう。
結局雨脚が弱まるのを待ち、傘を購入。
雨の中武家屋敷通りへ向かう。

d0073690_2124144.jpg晴れていたら素敵だろうな。
角館武家屋敷通りは、現在は舗装されているが道幅は当時のままで、通りに面した武家屋敷から通りを覆う枝垂桜が見事。紅葉していたら、もっと綺麗だっただろうに。

それでも、歴史ある武家屋敷は素晴らしい。
風情ある庭や、樹齢何百年の木、たそがれ清兵衛のロケ地(松本家は修理中でしたがxxx)。入館料を払って入った石黒家もかっこよかったぁ。。。

途中から雨もやみ、武家屋敷通りを満喫した我々は、ついに角館にある本屋さんを目指した。
ボクの予想(ほとんど希望)から言うと、新潮社という誰もが知っている大手出版社の創設者が生まれた町であり、その新潮社の記念文学館まである町にある本屋さんはいい本屋さん。
であってほしい。。。

さぁ、いざ荒川書店&カネイエ書店へ。

d0073690_22161524.jpg#68 荒川書店
秋田 1
仙北市角館町岩瀬町2
0187-54-1134

#69 カネイエ書店
秋田 2
仙北市角館町岩瀬町38
0187-53-2059

d0073690_2227596.jpgさぁ、どうする。角館本屋事情はどうなっている。
角館のみなさまはどこで本を買うのだ?
その一言に尽きる本屋さんだったxxx。2店舗とも。

ここが新潮社創設者出身の町なのか・・・。
う~ん、なんだか寂しいなぁ。
勝手な話だけど、角館の書店には新潮社文庫全点揃っていたり、
何か新潮社に関連していて欲しかったなぁ・・・。と思ってしまった。
そんなわけないか。。。

さぁ、次回は今回の本屋回遊記東北ツアーのメイン。
岩手県盛岡へ移動です。

あぁ、その前に。



d0073690_2249559.jpg



ちなみに我々が行った日は、10月23日です。

恐るべし、臨時休業女。
[PR]
by pilotfish73 | 2007-10-31 22:52 | 本屋回遊記


<< さわや書店本店 ときわ書房本店 >>