<   2007年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

戸田書店 静岡本店

d0073690_19303158.jpg戸田書店静岡本店が紺屋町地区市街地再開発事業に伴って今月末に一時閉店し、2月末より新店舗(呉服町店)がオープンするとのこと。4年ほど前に、オープン後の静岡本店へ行って、「お~っ!素敵な書店ではないか!」と唸ったこともあり、今月末で閉店ならば行かねば!とお休みを利用して静岡まで行って来た。

#43 戸田書店 静岡本店
静岡県21 静岡市1
静岡市葵区紺屋町9−5
054-205-6111

前日深夜12:30までお仕事をして帰ってきてから寝たのは朝の4時だったが、現戸田書店静岡本店の最後の姿を目に焼き付けようと、しっかりと!?(奥さんに起されて)8時半には目覚め静岡小旅行の準備をした。さすがに睡眠不足なのと、ちょっと数日前に眼の角膜に傷がいってしまい眼の調子が悪いのとで体調は万全ではなかったが、予定としては5店舗見たい書店があったので、気合を入れて出発。

さて、戸田書店静岡本店である。
さすがに数日後からの引越し準備の為か、既に棚一本まるまる本が入っていない棚などが多く、この状態での戸田書店静岡本店の良し悪しを語るのはフェアではない。。。まぁ、もともと4年ほど前に来たときに、1階入口左手のイベントスペースで岩波書店の大掛かりなフェアをやっていて、おーすげーと唸ったり、2階の人文書コーナーの充実振りに唸ったり、3階のビジネス書の商品幅に唸ったりと、かなり気に入っていたので、今回の引越しの準備でバタバタとしている状態では、当時から進化を遂げた戸田書店を期待するほうが無茶だ。

そう今回は現戸田書店静岡本店の最後の姿を見るべくやってきたのだ。
来月末の、呉服町店オープンが楽しみだ。
まぁ、谷島屋書店、江崎書店にしてみたら大変な話だろうが・・・。
呉服町店オープン後は、また早い段階で新生戸田書店静岡本店(?になるのかな)を見てみたいと思う。

まぁ、それにしても今回結局4店舗見てまわったのだが静岡市の書店事情は浜松と比べると随分と厳しいものがあると思う。浜松の市街地は静岡市街地と比べると書店激戦区とは言いがたい。静岡市街地は戸田書店、谷島屋書店、丸善、江崎などなど・・・、しかも戸田書店、丸善、谷島屋書店の3店舗はレベルがかなり高いし。
う~ん、浜松は郊外店が激戦だが、静岡市は市街地が激戦ですね。まぁ、このようにレベルの高い書店が狭いエリアにひしめき合うと、自ずとレベルが上がるのだと思う。やっている方にしてみればたまらないけど。。。

今回、静岡市街の書店を見てまわり、自店と比較することによっていかに自分のところのレベルがまだまだなのか思い知った。提案し続けることの大切さと、どこの書店でも手に入る商材とメディア化頼みのコーナー組みの奥行きの無さを思い知った。ちょっと恥ずかしくなった。少し油断していたのだと思う。安心していたのだと思う。おごり高ぶりのなきよう、自戒しなければいかんぞ。おれ。
[PR]
by pilotfish73 | 2007-01-30 20:11 | 本屋回遊記

TSUTAYA 浜松中央店

d0073690_2173531.jpg本屋回遊記リポーター&本屋専門旅人のからすやまが勝手に認定した、浜松3大・書店激戦区のうちの1つにこのTSUTAYA浜松中央店はある。しかし、このTSUTAYA浜松中央店がある通称?宮竹激戦区の最重要書店、「よむよむ」がその早すぎる撤退をしてからというもの、宮竹激戦区の勢力図はどう変わったのか・・・、そして宮竹激戦区内随一の規模となったTSUTAYA浜松中央店に変化はあったのか?その辺を見に行ってきた。

#42 TSUTAYA 浜松中央店
静岡県20 浜松市17
浜松市上西町906
053-411-7780

ジャンボシラトリが運営するTSUTAYAのFC店がこのTSUTAYA浜松中央店であるが、スポーツ用品と書店・レンタル・セルCDというのは、そもそも相性がいいのか?というのが当初からの疑問であったが、そのあたりははっきり言ってよくわからない。ボクはこのTSUTAYA浜松中央店に何度か足を運んでいるが、ジャンボシラトリに買い物に行ったことはない。まぁ、そもそも20mもダッシュしたら具合が悪くなるくらい運動不足のボクの意見なんて何の参考にもならないが・・・。

さてさて、よむよむが撤退してさぞ売上も上がったであろうTSUTAYA浜松中央店だが、やはりオープン当初とはレイアウトも大きく変わっており、売場も縮小されていた。。。!?

縮小!!!

なぜだ。

衝撃だった。第一商圏内の最競合の書店が撤退したのに、その書店部門を縮小していたのだ。理由は、ゲーム部門を入れたからだった。ゲームを入れることによって、以前は入口左手にあったCD部門の場所にコミックと児童書と育児書を持ってきて、その他は大幅に縮小していた。

入口左手に移設した児童書と育児書コーナーは以前より数段スケールアップし、壁面の棚什器も木製へと変化し、ナチュラル感がよい。
見せ方も、面陳が多用され見やすく見ていて楽しい。商材のチョイスもすごくいい。
最初にこのコーナーを見てしまったからか、あとが本当に物足りなくがっかりとしてしまった。

文庫はこの規模の書店とは思えないほど少ない在庫量。平台もPOP畑になりすぎていて、POPが邪魔して商品が見にくい。文庫の棚スパンが少なすぎるため、平台にまるでブックオフの様に商品が立てられている箇所だらけ。商品は見にくいし品揃え悪いし、手に取りにくい。反対にエンドの平台にはすごい積み方。でこぼこでここもPOPだらけでもはや何がオススメなのかわからない。

雑誌棚は什器の上にいつからのかわからないくらい埃が積もっていた。
文芸書も商材が古く、ここもPOPだらけで見にくい。そして平台は平済みよりも立てられている商品のほうが多く、本当に新刊書店か?と思ってしまうような陳列。

う~ん、以前のTSUTAYA浜松中央店は商品の見せ方もメディアミックスして映像を流したりと目に留まるコーナー組みが多く楽しい売場だったのに変わってしまった。

最競合のよむよむが撤退したのにこんなにもったいないことをしているのは理解に苦しむ。
もったいない。楽しい書店だったので思いはなおさらだ。

宮竹激戦区は、この分じゃイケヤの一人勝ちかなぁxxx。
[PR]
by pilotfish73 | 2007-01-14 22:18 | 本屋回遊記

BOOKアマノ アクト北店

d0073690_2422871.jpg遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。今年も本屋回遊記をよろしくお願いいたします。

さてさて、昨年の暮れより本屋回遊頻度が激減し、ストレスは激増しておりますが、なんとか2007年も本屋回遊記を続けて行きたいと思っております。年末からの魔の9連勤を終え、身も心もクタクタですが、相変わらず本屋巡りをするとなるとどこからか変な元気がわいてきます。
そんな訳で、2007年のトップバッターはBOOKアマノ・アクト北店です。

#41 BOOKアマノ アクト北店
静岡県19 浜松市16
浜松市中央3丁目1−23
053-450-5511

ちょっとお洒落な街並みに合った概観を擁するBOOKアマノ・アクト北店ですが、近隣に意外と書店がなく、しかも再開発された常盤町も近く、静岡文化芸術大学も近い・・・というかなりよい立地。この近隣は本当に街並みもよく綺麗なので、できれば車ではなく散歩をしたい、と思うような場所なのですが、そんな雰囲気に合わせるかのように、BOOKアマノ・アクト北店は他のBOOKアマノとは一味違う少し高級感のUPした外装です。

中に入ると、1階が書店、2階が文具。あまり広くなく品揃えもよくないが、とにかくきれい。クリンリネスのレベルが非常に高く、売場メンテナンスレベルも非常に高い。雑誌コーナーがこんなに片付いていて見やすい書店は浜松ではないのでは?と思うほど整理整頓がきっちりとされていて、本をとても大切に扱っている感が伝わり大変気持ちがいい。

雑誌の棚下の差しスペースがこんなにきっちりと整理整頓が行き届いている書店をボクは今まで見たことが無かったので、反対に誰も触っていないのか?と思ってしまったくらいでしたが、まぁボクが訪れた時間だけでもお客さんはたくさんいたので、そんな訳はないだろう。きっと頻繁に売場に出て小まめに整理整頓をするよう教育も行き届いているのだろうなぁ。。。う~ん見習わないとね。

雑誌売場のレベルは大変高く、書籍、コミック、文庫等の売場もメンテナンスは非常によく出来ておりとにかくきれいなのだが、文芸書やビジネス書の商品を見てみると・・・古い。あまり魅力的な本がなく、どれも一昔前の品揃え。どうも新刊が放つ特有のオーラが売場から感じられないと思ったが、全体の品揃えが古いからであった。

また、壁面の芸術書の商材も硬く、古いタイプの芸術実用書が多かった。せっかく文化芸術大学が店舗のすぐ裏手にあるのだから、もっとデザイン書や現代アートの本を揃えればいいのになぁ・・・と、ちょっともったいない気がした。

まぁ、それでもここは清潔感があって非常に気持ちの良い書店ですね。

いつかボクもこの近隣に、小さなセレクトブックショップを開けたらなぁ・・・。
というのが、叶わない密かな夢です。
[PR]
by pilotfish73 | 2007-01-11 03:19 | 本屋回遊記