<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

進駸堂中久喜本店

d0073690_2034411.jpg本屋回遊記目指せ全国制覇ツアー第1弾。北関東編最後の店舗は栃木県は小山市の進駸堂中久喜本店です。

#57 進駸堂中久喜本店
栃木県1 小山市1
小山市中久喜1345−6
0285-30-1115

さぁ、前橋市を出発。
行きは関越自動車道と外環、そして常磐道を通ってきたので高速の素晴らしさを実感したが、帰りは栃木県小山市の進駸堂へ行くために下道で北関東を横断。お~ぅぅぅ。コレが結構大変だった。結局行きは2時間半、帰りは4時間。本当に文字通り北関東を一周しました。

さてさて、進駸堂中久喜本店です。
いやぁ、面白い!!この本屋さん、広くないし、品揃えだってそれほど良くはない。
でも、大変面白い!!どの棚を見ても色々な仕掛けがあって、書店存在意義の重要なファクターである情報発信がいたるところでされている。

d0073690_20591257.jpg入口正面の平台では、今静かにブーム到来中の「鉄道フェア」が開催されていた。メインはボクも大好きな鉄子の旅(小学館:月刊IKKI)。
その他、鉄道関連DVDやムックが盛りだくさん。
よくここまでいっぱい集めたものですなぁ。思わずボクも鉄子の旅で買っていなかった3巻と、旅の手帖増刊「鉄道旅の名所100」を購入。

いやぁ、ボクまったく鉄道知らないし、所謂テツではないのですが、最近妙に鉄道特集の雑誌を見ると気になったりするのだ。そんなわけで、今のボクのツボに完璧にはまったこのフェア、見ていてまったく飽きない。しかも、正面ではDVDも流しているので映像もあってフェア全体が華やか。まさかこんなお店の一等地で鉄道フェアを堂々とやっている本屋さんに出会えるとは思わなかったです。う~ん、この思い切った感じがとてもよいです。。。

売場一番奥の新書棚の上にはこんな宣言も。
「進駸堂中久喜店は、また来たくなる発見のある店を目指しています。」
お客さんに見える場所にこのような理念を掲げることは、働く人にとっても非常に緊張感があり、お客さんにとっても期待感を抱くことができるいい宣言だと思う。お客さんと切磋琢磨できることほど書店にとって素晴らしいことはない。こんな本屋さんは見たことがないなぁ・・・。


d0073690_22573184.jpgその他、ボクが見とれてしまったのはコレ。
ジャズが好きなボクにはたまらないコーナー。コレは音楽にシンクロして人形のジャズメンがリアルに動くLITTLE JAMMER PROというJazzが好きな大人の嗜好品。

おー素敵じゃないの。
欲しいなぁ・・・と思ったが、あまりの値段にいらねっ!って自分に言い聞かせた。
だって、基本セットで52.500円もするんだもん。
しかもオプションのボーカリストは一人で16.800円。ホーンセクションは12.800円もする。
おぅおぅ。高すぎるぜ。

でも、こんなコーナーを組んで、Swing Journal置いて、JazzのCD置いて、Jazzの入門書置いて・・・、あ~ウチでもやりたいなぁ・・・。やっぱりコーナー組みは何か立体感があると俄然魅力的になるね。進駸堂中久喜店はこの他にも釣りコーナーにはルアーをショーケースに入れて飾ったりと、コーナー組みは必ず一工夫凝らしてあり、見ている人の目を飽きさせない。とても参考になった。

家に帰って、購入した本を開けようと袋を見たら、下のほうに「Net21」とある。
あ~、どうりて進駸堂が面白いわけだ。書店業界の人なら結構知っている人が多いと思うが、Net21とは、現在22の中小書店が参加しているコラボレーション書店だ。お互いの販売データの比較検討したり、共同仕入れによる効率化などを行っており、あの往来堂共文堂も参加している。つまり非常に個性的で意欲ある書店なのだ。納得納得。うん、進駸堂中久喜本店、小山市に明治28年からある老舗書店としてのプライド、そして変化・進化する書店として大変楽しめた。そして勉強になったのだ。。。


進駸堂中久喜本店
[PR]
by pilotfish73 | 2007-06-27 23:47 | 本屋回遊記

煥乎堂前橋本店

d0073690_12365489.jpg本屋回遊記目指せ全国制覇ツアー第1弾、北関東編4店舗目は前橋の老舗煥乎堂前橋本店でございます。やっぱりこういった地元密着の書店というのは地方にいるとあまり知らないものですね。今回初めて煥乎堂という書店の名前を知りました。

#56 煥乎堂前橋本店
群馬県3 前橋市3
前橋市本町1丁目2−13
027-235-8111

アートフリッツセンターを出て、次に向かうのが煥乎堂前橋本店。地図を見ながら進んだのだが、ちょっと迷った。映画、「県庁の星」に出てきそうな前橋県庁ビルの前を通り、おぉ・・・こんな立派な建物を税金で作っちゃっていいんかい?と突然納税者であることを実感しながらも(といっても前橋市民ではない)、立派できれいな建物だなぁ・・・と県庁ビルを横目に煥乎堂前橋本店を目指す。やっと見つけた煥乎堂には駐車場が無かったので、近隣の100円パーキングに駐車し、いざ煥乎堂前橋本店へ。
*後で知ったのですが、近隣の駐車場によってはお買い物1000円以上で30~60分の駐車券がでるみたい。

ふ~ん。予想外に立派です(失礼!)。
さすが明治初年創業、県内随一の「書籍の宝庫」とHPで言っているだけあるなぁ。
店内はクラッシック・モダンをテーマにした歴史を感じるインテリア(HPより)らしく、実際にそんな感じだ。一番感じたのは通路の広さ。場所によっては無駄とも感じるくらい通路にゆとりがあり他のお客さんを気にする必要がなさそうです。

さてさて、2階を拝見。
2階は専門書、人文書、ビジネス書、選書、新書など。理工書の品揃えはなかなかのものだが、理工書がコレだけ揃っている割にはビジネス書の品揃えが極端に薄い気がする。あまりチカラを入れていないのか、棚のメンテナンスもあまりされている様子はない。
しかし、階段脇にある芸術・デザイン書のコーナーがかなり面白い。なんだかABC六本木店の音楽・映画本コーナーを彷彿させるようなエリアだ。ふむふむ。在庫量を抑え、そのぶん見せ方にこだわって面陳と空間をうまく使っている。やはりデザイン書コーナーは空間の活かし方が大切ですなぁ。

d0073690_1345246.jpgこのコーナー脇で、とても素敵で変な雑誌を発見。
その名も、「きのこ」。

その名の通り、きのこをめぐるカルチャーマガジンだって。あまりの変ぶりに創刊号を買っちゃいました。創刊号の表紙には、「くらしにきのこを!」だって!中身も素晴らしいほどきのこだらけ。お菓子のきのこの山発売の由来は、1969年にすでに発売されていたアポロ(チョコ)が当時まだ反響が弱くて、何かアポロの製造ラインを利用して新しいお菓子を作れないかと考案されたものだとか、「きのこLife」なんていう漫画まで。こんなに真剣にきのこだけを語ったこんな雑誌を作っている人たちがいるなんて感激です。ってボクは別にきのこに興味があるわけではないのですが・・・。ボクこういう何か一つに夢中なアホな人大好きなのだ。

隔月刊MOOK「きのこ」コーナーを見て、奥さんと「ふふふ・・・」と笑いながら1階へ。
1階は雑誌、文芸書、文庫、新刊など。入口新刊コーナーはなかなか堅い本もしっかりと揃えてあり、見ごたえ十分。その他コーナー組みも他ではあまり見ない、「短編小説フェア」などなかなか面白い。。。

d0073690_1321188.jpgここでまた一つ、他で見ることの無い棚?を発見。横山秀夫の電光プレートまである常設棚?ん?
なぜだxxx。

おぉ・・・、そういえば横山秀夫は元新聞記者だった気が・・・。
そうそう、地元上毛新聞の元記者だったからだ。それでご当地作家として棚が常設されているんだ。ふ~ん、粋な計らいですねぇ。。こういう地元密着の精神こそが書店に一番必要なことのような気がします。結局ご近所商売の書店においては、地元の文化発信の拠点であることが重要だとボクは思いますねぇ。これ素敵です。ナイスです。よく地元作家コーナーってありますが、やはりここまで完全に常設棚として電光プレートまであると心意気を感じますね。ウチでも作りたいなぁ。。。

煥乎堂前橋本店はさすが明治初年創業だけあって、老舗の貫禄を十分に発揮した素敵な本屋さんでした。


煥乎堂前橋本店
[PR]
by pilotfish73 | 2007-06-21 13:33 | 本屋回遊記

フリッツ・アートセンター

d0073690_23381756.jpg本屋回遊記目指せ全国制覇!ツアー、第1弾北関東編3件目は、前橋市にある書店というよりは本も取り扱っているギャラリーといった感じのフリッツ・アートセンターです。

#55 フリッツ・アートセンター 
群馬県2 前橋市2
前橋市敷島町240−41
027-235-8989

ブックマンズアカデミーに大満足のボクが次に向かったのが、利根川を渡り敷島公園付近に位置するフリッツ・アートセンター。
本日はザスパ草津の試合があるのか、敷島公園サッカー場付近には「サポーターはこちら」といった看板を持っている警備員さんが何人かいる。周辺にはたくさんの洒落たCafeがあったので、どれもフリッツ・アートセンターかもしれん!とちょっと迷ったが無事に到着。

外観からして明らかに書店ではない。うん。
2FはどうやらHair Salonのようだ。
右手のCafeは21年6ヶ月目の充電とリニューアルに向けて現在お休み中とのこと。残念。
正面の入口から入ると手前は日本に6店舗しかないタンタンのオフィシャルショップ。
そしてその奥に絵本やアート本と一緒にPOST CARDや雑貨が売っているスペース。
う~ん、ここ全体でフリッツ・アートセンターなのか?タンタンショップの奥のスペースだけがフリッツ・アートセンターなのかは謎。。。

とりあえずタンタン事情にはあまり明るくないので、僕の中で勝手に決めたタンタンショップ(正確にはTINTIN BOX)奥にあるフリッツ・アートセンターへと進む。

d0073690_0165928.jpgう~ん、素敵な陳列だぁ。。。

本棚上部3段・4段目までは贅沢な面陳列。素敵な絵本が関連付けてPick Upされ、見ていてわくわくするような並びだ。そして、所謂書店の平台にあたる什器には子供用のかわいいいすが乗せられ、そこにも本が飾られている。。。なんだか児童書専門店のような装いだ。

ボクも大好きなリサとガスパールは平台1台を占有し、ぬいぐるみやキーホルダーと一緒に立体的に可愛く並んでいる。。。大人のボクがコレだけおぉーと思うのだから、リサとガスパール好きな子供にはたまらんですなぁ。

ボクも自店での絵本コーナー平台作りの際には、ぜひこの立体的な陳列と、何か関連グッズを一緒に並べてこどもたちの心をわしづかみにしたいのだ。そう心に誓ってフリッツ・アートセンターを後にした。。。ばぃ。


フリッツ・アートセンター
[PR]
by pilotfish73 | 2007-06-20 00:30 | 本屋回遊記

ブックマンズアカデミー 前橋店

d0073690_2293082.jpg本屋回遊記目指せ全国制覇!ツアー第一弾として、茨城県、群馬県、栃木県の北関東を巡ってきました。群馬県では3店舗見てきたのですが、今回はその1店舗目として今や有名書店となったブックマンズアカデミー前橋店を紹介したいと思います。

#54 ブックマンズアカデミー前橋店
群馬県1 前橋市1
群馬県前橋市大渡町2丁目3-1
027-280-3322

朝8時半につくばを出発。常磐道で東京に向かい、外環経由で関越自動車道に乗り前橋を目指す。今まで何度も首都高は通っているが、外環と関越は初めてなのでやや緊張。。。関越に入ってからは、奥さんと一緒に「新潟ナンバーだ!」「おっ、長野ナンバーだっ!」と子供のように行き交う車のナンバープレートを見てはしゃぐ。小学生かオレタチは。。。

2時間半をかけて無事前橋市へ到着。おぉぅ。前橋シティは想像以上に大きな街ですなぁ。しかもきれいな町並みじゃないか。。。前橋ICを降りてからは、事前に用意していた地図のおかげで迷うことなく無事に目的地ブックマンズアカデミー前橋店へ到着。

外観はなんとなくパチンコ店みたい。しかも、「コミック取り扱い始めました!」の旗がはためいている。あれ、コミックを置いていないのが一つの売りだったはずなのにぃxxx。ここは、以前にウチのお店の担当だった取次ぎのMさんから教えてもらったお店で、非常に期待していたので、ちょっと不安になる。まぁ、でも中に入ってみないことにはね。。。
さっ、いざブックマンズアカデミー前橋店へ。

おー、素敵じゃないか(By BeachBoys)。
店内に入ると、外での不安が一気に吹き飛ぶ。店内は窓が多いのだが、窓は全てロールカーテンが下げられており強い日差しをしっかりと遮っている。カーテンのおかげで店内全体が人工的でない明るさなのがとてもいい。BGMはやや大きめにクラッシックがかかっていたが、決して選書の妨げにはならない。

さてさて、入口右手の地元関連のコーナーから見てまわる。
う~ん、やっぱりどこへ行ってもこのコーナーは面白くていいねぇ。ブックマンズアカデミー前橋店では、thinkreedから発売されている「群馬カフェ案内」と「月間ライフ」が平積みに。装丁も素敵で思わず手に取りたくなる本だ。

お決まりのコースで、まずは雑誌コーナーから見てまわる。いやぁ、綺麗な雑誌売り場です。整理整頓具合もボリューム感も素晴らしい。奥へ進むとサライとダヴィンチのバックナンバーコーナーがあったり、生活誌コーナーには最近創刊されたばかりで気になっていた「エコジン」も並んでいた。さすがだなぁ。。。

ブックマンズアカデミー前橋店で一番素敵だと思ったのが、新刊コーナー。
なんと、全ての新刊コーナーが1階にあるのだ。ビジネス書や人文書コーナーは2階にあるのに、それぞれの新刊は1階入口付近に大きく新刊コーナーとしてあるのだ。いやぁ、コレは結構斬新だったなぁ。メリット、デメリットとあるだろうが、忙しい日は1階の新刊コーナーをぐるっと見て回り、時間のある日は2階も含めて店内全体を見て回るなど、うまい利用法が見つかりそうだ。

各ジャンル棚の見せ方も絶妙で、随所に面陳列がちりばめられており、棚を見ているだけでも全く飽きない。棚で気がついたのが、所謂棚さしの本も1冊ではなく、数冊で棚差しされているものが多い為、背表紙だけでもしっかりと本が目に飛び込んでくるよう工夫されていたこと。

d0073690_3364188.jpg1階を見て回るだけで1時間半も経っていたので、イカンxxx、とあわてて2階へ。あぁ、2階も面白いじゃないの。。。

専門書の棚を見ていて飽きないのも珍しい。理工書だけでいったらウチのお店とそんなに品揃えに差は無いのだが、とにかく見やすい。理由は、ジャンル分けがきっちりと細かくされていたからだ。案内プレートもしっかりとささっていて探しやすい。

ブックマンズアカデミー前橋店では、特に環境関連の本が充実していて、その品揃えに驚いた。そんなニーズが本当にあるのか?と思う程の充実振り。

う~ん、コレだけの管理をするとなると結構手間かかりそうだなぁ。しっかりと専門書担当者さんとかいるのかな。メガブックストアーだと当たり前のジャンル別担当社員も、地方の郊外店になるといないほうが当たり前。300坪クラスで社員2~3人が平均じゃないのかな。そう思うと、このブックマンズアカデミー前橋店も1店舗の正社員はそんなに多くないと思うのだが・・・。

それでも、全体的にとにかく棚のメンテナンスが行き届いていて、クリンリネスも◎。
いやぁ、浜松から長い時間かけてここまで見に来た甲斐がありました。
久しぶりにハイレベルな郊外型書店に出会えました。。。


ブックマンズアカデミー前橋店
[PR]
by pilotfish73 | 2007-06-17 04:02 | 本屋回遊記

友朋堂書店桜店

d0073690_234509.jpg本屋回遊記・目指せ全国制覇ツアー?
第一弾は北関東一周本屋巡りです。
まず初日は学園都市つくばです。
つくばと言えば、万博(古い?)今は研究所か・・・。
さてさて、つくばの本屋さんといえば、
そう、友朋堂書店です。

#53 友朋堂書店桜店
茨城県1 つくば1
茨城県つくば市桜1丁目14−1
029-857-8633

友朋堂書店はつくばにしか店舗がありませんが、不思議とメガブックストアーが進出していないつくばにおいては、4店舗を構える友朋堂はつくばを代表する書店なのです。今回は、その友朋堂書店最大の桜店へ行ってきました。

d0073690_255060.jpg北海道かっ!と言いたくなるような延々と続く並木道をひたすら北上し、筑波大が左手に見える十字路を右折して3分ほどさらに走ると友朋堂桜店が見えてきた。以前に友朋堂書店梅園店を見たことがあったので、あまりその新しさと広さに期待は持っていなかったのだが、桜店は結構新しく、駐車場も広い。おぉ~、ちょっと期待してもいいかも。
さっ、いざ友朋堂書店桜店へ。。。

店内は外から見たよりはるかに広く感じる。
入口左手には一昔前の定番レイアウト、週刊誌コーナーがあり、右手にはタウン誌とつくば関連の本がど~んと積んである。。。
ボクは地方の本屋さんに行ったとき、このコーナーを見るのが実は一番すきなのだ。地元の直販誌などその土地でしか見ることができない本があるからね。

雑誌コーナーは全体的にきれいに整理整頓されていて非常に見やすく手に取りやすい。さすがにつくばを代表する本屋さんだけあって、雑誌のアイテムも多く、専門誌や文化誌も充実している。

雑誌コーナーに沿った壁面に、趣味書、旅行書、郷土本の棚があったが、ここはあまり手が入っていない様子。しかし、料理本や芸術実用書は結構充実していて、棚のメンテナンスもしっかりとしていた。とりわけ書評関連のコーナーはアイテム充実度とメンテナンスレベルも非常に高くじっくりと見入ってしまった。。。

驚いたのは、児童書の少なさ。
友朋堂書店桜店はおそらく250坪前後だと思われるが、この広さでは今までに見たことが無いほど児童書は少なかった。そしてさらに驚いたのが、その児童書の少なさと反比例するかのような教育書の充実ぶり。う~ん、やっぱり地域性というのはあるのだなぁ・・・。子供が読む本よりも、教育者が読む本のほうが多いというのはなんだか複雑だぁ。知的レベルの高そうな街、つくばならではの棚構成かもしれない。。。

d0073690_333848.jpg教育書の充実ぶりに驚きながら、文庫の棚をぐるりと見て回ると、新たな驚きがまた一つ。
岩波文庫の量。
多いぞ、多いぞっ!
天下の新潮文庫と棚割がほぼ同じなのだ。
しかも、本が日焼けしたからといって返品できるわけではない岩波書店の文庫が、かなり状態の良い本ばかりなのだ。どこの大手へ行っても、結構岩波の文庫は焼けてしまっているものが残っていて、あ~いくら○○書店といえども、日焼けには勝てないのね、全部が焼ける前に売れるわけじゃないのね、と妙な安心感を得ていたが、ここは違ったxxx。
それにしてもそんなにここでは売れるのか?まぁ、もちろん売れないわけはないラインナップだが、それにしてもなのだ。
う~ん、恐るべし友朋堂。。。

「書店を見れば、その町の文化レベルがわかる」とは誰の言葉だったか・・・。
今回、以前から持っていたつくばという街の印象をつくばの本屋さんで実感した。
う~ん、恐るべしつくば。
いやっ、あっぱれつくば。


友朋堂書店桜店
[PR]
by pilotfish73 | 2007-06-16 03:52 | 本屋回遊記

本屋回遊記1周年

あっという間に1年が経ちました。
自分の趣味だった本屋さん巡りの記録として始めた
この本屋回遊記も1年で52店舗。

こんな本屋バカなブログを読んでくださっているみなさま、
本当にありがとうございます。
今後もどうぞよろしぅ。

からすやまは、今後も文化の担い手である書店人として
この本屋回遊記を続けていく所存でございます。。。



さてさて。
1年経って、ボクは一つ決めました。



本屋回遊記は、全国制覇を目指します。



何年かかるのかわかりませんが、
各都道府県最低1店舗を巡り、
47都道府県全て制覇するのです。

その際、可能な限りその県(土地)に根付いた本屋さんを訪れたいと思います。
本屋さんの商売特性を考えるとそのほうが良いと思うのです。
あ、でもナショナルチェーン店も今まで同様訪れるつもりです。
そして地元浜松は目指せ全書店制覇です!?うそっ!?
(勢いで書いてしまいましたxxx)

というわけで、全国各地の素敵な本屋さん情報をお持ちの方、
身近な素敵な本屋さんの情報をくださいませ。


目指せ全国制覇なんて、
無謀な目標を立ててしまった本屋回遊記を
今後とも温かく見守ってくださいませ。

さてさて、次回ですが
遅れてやってきたGW休みを利用して早速行ってきました。

本屋回遊記目指せ全国制覇第1弾ツアー、北関東編でございます。
一気に茨城、栃木、群馬の3県を巡ってきました。


いやぁ、本当に疲れました。
[PR]
by pilotfish73 | 2007-06-15 02:19 | 本屋回遊記