<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

哄う合戦屋

d0073690_23381184.jpg時代小説が熱い。
一昨年の冬に和田竜の「のぼうの城」が出たあとから、公然と時代小説の新しいムーブメントが沸き起こっている。
どうやら、これらは総称して「ネオ時代小説」というらしい・・・。
そのNeo時代小説に新たな大型新人作家が一人加わった。

#24 哄う合戦屋
双葉社  北沢秋

版元営業のYさんの熱い営業トークにより、発売前からとても読みたくなった本だった。
表紙も、のぼうを意識してかカバーイラストに漫画家の志村貴子さん。内容もひょっとして、のぼうのようにエンターテイメント性を第一に、結構ざっくりいくのかと思いきや、以外に地味で渋い。営業のYさんに送っていただいた本、一気に読みました。

今全国の書店でこの「哄う合戦屋」はプッシュされていると思いますが、これは読んだらプッシュしたくなる。パワープッシュしたくなる。

内政に定評のある中信濃の豪族、遠藤吉弘の元に、合戦屋・石堂一徹が自分の夢を託し仕える。そして、吉弘の娘、若菜と心を通わせ、相次ぐ合戦で中信濃における遠藤家の地位を大きなものとし、遂には武田晴信と対峙する。

大げさな表現、展開をそぎ落とし、坦々としているようで、根底に芯が一本ぴんと通っているような文章は、まるで主人公の石堂一徹そのもののようだ。

ついには、ただの合戦屋なのだ。
やがて、主人・吉弘との強固な信頼関係も揺らぎ、不穏な状況が漂う。
嫉妬、ねたみ、男同士の信頼は、いつもどうしようも無い感情に邪魔される。

切ないが、潔い。
また一人、次回作が楽しみな作家が増えました。
[PR]
by pilotfish73 | 2009-11-28 01:06 | 仕掛けどうでしょう。

開高健ノンフィクション賞

d0073690_201138.jpg第7回開高健ノンフィクション賞受賞作が本日入荷した。
「インパラの朝 ユーラシア・アフリカ大陸 684日」(中村安希)。
積読本がどんどん増えてしまうことを承知で買ってしまう・・・。

前回第6回の受賞作、「最後の冒険家」(石川直樹)があまりにスリリングで衝撃的で、どうにも心に残る作品だったため、この賞自体が自分の中に比較的大きなものとしてインプットされた。

ブックトラックに乗っているのを見つけ、ペラペラとページをめくると一気に引き込まれ、仕事中なのに腰を据えて読み出しそうになったので、イカンイカンと思い休み時間に購入した。ご飯を食べながら少しだけ読み始めたのだが、う~ん!いい。なんとも小気味いい文章だ。

物質としての書籍全体も素敵な出来だ。
ブックデザインは鈴木成一デザイン室、カバー写真は小林紀晴。本の紙質とカバーの紙質とバランスが絶妙。

26歳、47カ国、2年の旅で聴いた小さな、たくさんの声。。。
帯に著者の写真が掲載されているが、変な意味ではなく、
妙に魅力的な色気を感じるのはボクだけか?
読み進めるのが楽しみな本がまた1冊。。。

d0073690_20483389.jpg
[PR]
by pilotfish73 | 2009-11-12 20:49 | 雑記

ガラスの街

d0073690_2343153.jpg理由なんて良くわからない。
以前は、翻訳本というだけで結構敬遠していた。

最近は、むしろステキな翻訳本探しに夢中。
当たり前すぎるのかも知れないけれど、中でも柴田元幸さんが訳したものに好きなものが多い。あと、岸本佐知子さんのも好きかも。。。2人ともエッセイも面白いし。

まぁ、以前は訳者で海外文学を選ぶなんてことは無かったのだけれど、ムーンパレス(新潮文庫)で最初に柴田さんの訳に出会ってから、レベッカブラウン「体の贈り物」、ジョン・アーヴィング「ウォーターメソッドマン」などを経て、今年はノーマン・ロック「雪男たちの国」、デニス・ジョンソン「ジーザス・サン」、そして先日出たばかりの柴田さん新訳、ポールオースターのニューヨーク3部作「ガラスの街」となぜか多く手に取っている。

なんていうんだろうな、ストーリーはもちろん大事なのだけれど、柴田さん訳の海外文学は、いつも時間をかけて一文一文丁寧に読む癖がついているので、じっくりとゆっくりと本を読みたいときはとてもよい。
情報過多・スピード主義の現代で、ボクみたいなのん気な書店員も、気がつくと積読本のプレッシャーに負けそうになり、せかせかと読まなきゃ読まなきゃとページを急ぎめくっている日々ですが、ふと何してるんだボクは・・・、と我に返ると柴田さん訳の海外文学を手にカフェでゆっくりコーヒー飲みながら読書したくなる。

さぁ、今日も我が家の書棚の積読本には目を瞑って、ゆっくりとお風呂で「ガラスの街」を読もうっと。



d0073690_2357392.jpgあ、全然関係ないけど、
エリザベス・ムーンの「くらやみの速さはどれくらい」って,
本当に素晴らしい本ですね。
[PR]
by pilotfish73 | 2009-11-07 23:57 | 雑記

自転車コーナー

d0073690_19385632.jpg早朝浜松バイパスで天竜川を渡り浜松から磐田市へ、帰りはかささぎ大橋で磐田から浜松へと往復たったの30kmの早朝サイクリングをしました。

この写真では全く伝わりませんが、とても気持ちがよい景色。特に、この橋から隣の261号線の橋を眺めるとステキだ。

が、この日は前日までの温かい日和とは打って変わって、冬並みの寒さ。
自転車に全財産をつぎ込んでしまったため、ウェアは専用ではない。しかも、冬用は全く準備していない。準備していなくても自転車には乗りたい。ってなわけで、まぁ走っていればいつもどおりに温かくなるだろう・・・と甘い考えでスタートして、橋の上で猛烈に後悔して、どうしようもなく、とりあえず携帯で写真を撮ってみました。の写真です。

d0073690_19514260.jpgまぁ、そんなバカなことを繰り返さないために、自店の雑誌売り場で遂に作ってしまった自転車コーナーからウェアが沢山乗っている雑誌をピックアップ、早くしっかりとしたウェア調達しようっと。

とまぁ、強引な流れで我が店の自転車雑誌コーナーにつなげましたが、ボクとしてはまだまだこのコーナーは寄せ集めで不満足。まぁ、メイン3誌と今はTarzanの自転車特集号ははずせないが、それ以外でもっといいムックや書籍が出ているので、せっかくスポーツの秋ですし、もっと大きな展開で内容も充実させなきゃ!
と思っております。

ロードバイクオンリーではなく、クロスバイク好きやMTB好きも楽しめる品揃えをしなきゃいかんねー。
[PR]
by pilotfish73 | 2009-11-06 19:42 | 自転車放浪記

本棚を巡るたたかい。

d0073690_20385528.jpg普段、携帯に連絡をくれる版元さんがいることや、各種ニュース情報をいち早く知るために携帯メールの登録をしているので、普段から携帯も持ち歩いて仕事をしている。

本日も、仕事中に携帯のメール着信のバイブが作動。
いつも一日数件メール着信はあるので、普段どおり確認。

奥さまより・・・。
「届くようになりましたけど何か?」

ん?
まっ、まさか。

そのまさかでした。

昨日まで、下から2段目までしか触らなかったじゃん!
またまた、自分の甘さを痛感しました。。。

あぁ、やっぱりうちのオチビさんのためのゴールデンゾーンは、早いところ絵本の面陳スペースに
変更しないといかんなぁxxx。

ちちとむすこの本棚を巡るたたかいは、早くも第2ラウンドを迎えた。
[PR]
by pilotfish73 | 2009-11-05 21:16 | 雑記