映画ってどうして・・・。

d0073690_20565733.jpgあぁ・・・、痛いxxx、足・・・・の裏が。
ここ最近、お休みの日には6時半頃に起きて、自転車乗りに行っております。まだ、へタレなので一日40Km程度。それでも、足も腕も首も痛くなる。

でも今日、一番痛いのは足の裏xxx。
自転車とはなんら関係の無い痛み。

足の裏に魚の目らしきものがあったので、本日自転車から帰ってきてから病院へ。
それは、ただのイボでした。で、治療は液体窒素で凍結させて壊死させるのだけど、これが、根性焼きかっ!ってほど痛かったxxx。っていうか、まだ痛い。

そんなわけで、足の裏がとっても痛いですが、来週のお休みも乗るぞ!


さぁ、足の裏の激痛にめげることなく、明日の自転車ライフのためのイメトレ。
「シャカリキ」を映画で見た・・・・・。


結果は・・・・・・・・・、う~ん、なぜ?
これは、ロードバイク好きには不評だろうなぁxxx。
そんな気がする。

やっぱり茄子アンダルシアの夏にしておけばよかったかなぁ、と後悔。。。


まぁ、気を取り直して、来週は浜名湖一周に行こうかなぁ。
[PR]
# by pilotfish73 | 2009-10-28 21:15 | 自転車放浪記

あっという間に・・・。

d0073690_2013367.jpg















みんな大好き、
じゃあじゃあ びりびり」(まついのりこ)。

うちのオチビさんも大好きすぎて、あっという間にこんなにしてしまいました。
本は大切にきれいに読むもの、という習慣を持っていた書店員のちちは、
ひゃーひゃー言いながら、絵本を舐めて投げるむすこに、衝撃を受けました。

書店員のちちとむすこの、本を巡るバトルはまだまだ始まったばかりなのだ。。。
[PR]
# by pilotfish73 | 2009-10-27 20:23 | 雑記

パパのネタ帖

d0073690_22215095.jpg先日、新刊でこんなの入荷しました。
そりゃぁ、買うでしょう。

赤ちゃんとママ社から。

初っ端のエピソードで、子供を連れて空港に飛行機を見に行った時、子供に「乗りたい」
と言われて、そのまま「よーし、乗るか」なんて言って大阪まで行ってしまったちちの話しがあったが、普通の世の奥さまはどうやら怒るらしい・・・。
我が家の奥さまはどうだろうと、たとえ話で聞いてみたら、


「それ素敵だねー」
「そんなお父さんっていいね」だって・・・。

そりゃぁいい。。。って、そんなことやる度胸無いけど・・・。
[PR]
# by pilotfish73 | 2009-10-21 22:45 | 雑記

遂に・・・。

d0073690_2355456.jpgあぁ・・・、甘かった。

本棚の本を守るのに、何かいい方法が無いかなぁ・・・と考えていたところ、先日まで我が家に泊まりに来ていた奥さまのお友達からよい方法を教えてもらった。
それは、なんと我々書店員からは生まれない発想。

「本をぎゅうぎゅうに詰めちゃえば引っ張りだせないんじゃない?」

おぅおぅ、まさしく目から鱗ですよ!!
これでボクの大切な本たちも、オチビさんのよだれ攻撃から守れるじゃないの!!
と安心していたのだけれど、書店員の気質が仇となったxxx。

普段スタッフに、「棚は必ず指一本入るくらいの余裕を持ってね!!」
と、口を酸っぱくして言っているので、自分では結構ぎゅうぎゅうに詰めたつもりだったのだけれど、生後わずか8ヶ月のオチビさんにも引っ張り出されるほど、ゆるゆるの棚だったxxx。
したがって、写真のように次々と本を引っ張りだされる始末。
奥さまからも、メールタイトル
「出せますけど・・・なにか?」
なんてメールが届いて、つくづく甘かった・・・と思ったのだった。

ちちとむすこの本を巡るバトルは始まったばかりなのだ。
[PR]
# by pilotfish73 | 2009-10-16 23:56 | 雑記

Tarzan 自転車特集

d0073690_2092877.jpgいやぁ、奥さまのお友達とそのベイビィが10日間我が家に遊びに来ていて昨日帰ったのですが、うちのオチビさんと2ヶ月違いなので0歳児が2人居ると賑やかだね。。。かわいい。

そんなわけで、先月に比べて更新頻度が少なくなっておりましたが復活。。。

台風が過ぎ去って、実家から自転車をやっと自宅に持ってきました。早速、乗っちゃった。。。
まだ初心者なので2日間で、走行距離60km。
いやぁ、お尻イタイイタイ。ロードバイクのサドルに慣れてないと、あれ本当に痛いのねxxx。最後なんて平地なのにほとんど立ちこぎしてたもん。。。でも、1日目のお尻の痛さにめげずに2日連続で走りに行きました。
何年ぶりかに自転車で長距離走ったけど、気持ち良い。
もちろん、まだまだへたくそな運転ですが、平日も早起きして晴れている日は出来るだけ乗りにいこっと。

と、まぁ自転車にどっぷりなボクに素敵なTarzanの自転車特集
表紙は、あのAkiraの大友克洋。これは売れるぞ。。。ロードバイク好きにはちょっと物足りない特集ですが、これから自転車に乗ろうと思っている方や、クロスバイク好きな方には嬉しい特集。。。2010年モデルの紹介も若干ですがあるしね・・・。是非色々な雑誌で自転車特集を組んで、自転車人口が増えて、自転車が走りやすい道がもっとできると嬉しいな。。。
[PR]
# by pilotfish73 | 2009-10-14 20:28 | 自転車放浪記

ついに

d0073690_20125567.jpg遂に買っちゃった。
じてんしゃ!

でもせっかくの休みは台風だって!
あほかっ!

しかも、今我が家には奥さまのお友達がイギリスからこども連れて遊びに来ていて、自転車を置くように空けていた部屋に泊まっているから自転車は置けずに実家に置いてある。。。
まぁ、台風だからどちらにしても乗れないからイイケドネxxx。
そんなわけで、相変わらず自転車の雑誌を舐めるように読んでおります。

ちなみにボクが購入した自転車はこれ。
RALEIGH CARLTON Cr-Mo
しかも、メインコンポをシマノTIAGRAから105のブラックへ変更して組んでもらったのだ。
ど素人なので、周りの方々からの忠告をしっかりと聞き、予算とのバランスを真剣に考えて決断しました。

いやぁ、これがね・・・組みあがった自転車取りに行って実際に見てみたらビックリ。
すごいカッコイイの。早く乗りたくて仕方がなくなるの。
でも台風なの。
ってなわけで、またまたfunrideを読んで想像を膨らましています。

今のところボクは、決してジテツウするつもりはないのですが、片道15kmの距離はちょうどよくもありそのうち休日だけでは物足りなくなるかも・・・。まぁ、でも15km走った後にスーツに着替えるのってのも嫌だろうけどxxx。

さぁて、そんなわけで来週からはお休みの日には朝から自転車だぁ。。。
[PR]
# by pilotfish73 | 2009-10-06 20:25 | 自転車放浪記

ボブ・グリーンだ。

d0073690_18282672.jpg先日、休み明けに自分の店の新刊棚をチェックしていたら、見つけちゃった。
休みの間に入荷していたみたい。
ボブ・グリーンの新刊だ。
今回は本職のコラム。

「父からもうすぐ逝ってしまう君へ」
~ Chevrolet Summers, Dairy Queen Nights ~(原題)
きこ書房

前作、「ABCDJ」(NHK出版)に涙し、仕掛け販売を試みたのはもう2年半ほど前。
今回も相変わらず若干感傷的過ぎるが、そこがまたいい。
読み始めて、早速涙腺が緩む。

一つ目のコラム、
「親子のふれあいにお金はいらない」
~ A Father, a Son and an Answer ~(原題)と、
二つ目のコラム、
「彼女が成し遂げたこと」
~ Victory ~(原題)

父として、親としてこの二つのコラムは心に響いた。こんな優しい世間であってほしい、こんなにピュアな父と子でありたいとストレートに感じるコラムだった。

ただ一つ、ボクとしてはこの本全体を通してう~ん、と思うことがある。
本のタイトルとそれぞれのコラムのタイトルの邦題(訳)があまり好きじゃない。

本のタイトルは、4つ目のコラムの邦題をそのまま使用したのだが、
本全体を表すタイトルとしては、4話目のコラムはこの本の象徴ではない気がする。
むしろ、2番目のコラムの「彼女が成し遂げたこと」のほうが、適しているのでは?と感じる。
もしくは、原題を使用したほうがアメリカの抽象的な感覚が巧く表現されている気がする。

「シボレーを乗り回した夏の日、
    デイリークイーンに立ち寄ったあの夜」

見たいな感じ!?
ボブ・グリーンっぽい気がするんだけど・・・。

本文の和訳は非常に読みやすくて素晴らしいものだったのだけど、
邦題がどうしても気になってしまいました。。。

爆発的に売れることはきっとないだろうけど、
ボクのお店では、地味に平積みします。
ABCDJ未だに平積みしてるしxxx。


愛おしくて、
せつなくて、
限りなく
やさしい。


そんなボブ・グリーンのコラム、ちょっと人恋しくなるこの秋にいかがですか。
[PR]
# by pilotfish73 | 2009-10-01 20:10 | 雑記

ボクの本が危ない。。。

d0073690_225386.jpgついに本棚につかまり立ちしたのだ。

仕事中に奥さまよりメールが届いていて、
休み時間に見てビックリ!!

あぁ、ボクの大事な本が、オチビさんの
よだれにやられてしまうぅぅぅ・・・。
対策たてないと。。。

でもね、ちちはうれしく思うのだよ。
[PR]
# by pilotfish73 | 2009-09-30 22:11 | 雑記

くだもの

d0073690_20342569.jpgイタイイタイ。
あぁ、腰が痛い。腰というか、お尻のほっぺの肉のところから、腿の裏にかけてと股関節が痛い。。。
今週はせっかく連休を利用して、石川県へと1泊の旅行を予定していたのですが、また腰を痛めてはお店に迷惑をかけてしまうと思い、泣く泣く断念。
そんなわけで、おうちでオチビさんによみきかせ。

#3 くだもの
福音館書店 平山和子 

ちょっと8ヶ月の我が家のオチビさんには、「くだもの」の絵はリアルすぎるかなぁ?
と不安になりつつも、読んでみる。
この絵本は色々なくだものを紹介したあとに、必ずそれを食べるために「さぁどうぞ」と繰り返す。
その「さぁ、どうぞ」を奥さまと二人で、絵本の絵のところから、それぞれの口に手を持っていき、もぐもぐと口を動かして食べるふりをしてみせた。

じーっとそれを見て、にやりと笑うオチビさん。

奥さまと二人、これはもしや?
と思い、早速試してみる。

「りんご、さぁどうぞ」とオチビさんの口元に手を持っていくと・・・・、あ~んと口を開けるじゃないか!
いやぁ、親バカって言われてもいいっ!むちゃくちゃかわいいじゃないのっ!!
本当に口開けてあ~ん、てするとは思わなかった。。。

いやぁ、かわいいなぁと思いつつ、こどもの成長をなめたらイカンなぁともおもいました。
この「くだもの」は、こんな風に一緒に読むと楽しいね。。。
[PR]
# by pilotfish73 | 2009-09-29 20:37 | よみきかせどうでしょう

FEEL LOVE 7

d0073690_23342627.jpg書店員のくせに、文芸書担当のくせに、定期的に且つ継続的に文芸誌を一つも読んでいない。。。どうなの?それって。
っと勝手に自問自答して、何か読み始めようかなぁ・・・なんて思いつつ、自分の店の文芸誌のところで雑誌を手に取り、立ち読みしていたらどうしても気になってしまった。

「FEEL LOVE」

1号の頃、結構話題になって売行きも良かったのを覚えている。
正確には月刊誌ではなくムックだが、季刊誌と同じスパンで発売にもなるし、読切恋愛小説誌と謳っているし、これは文芸誌だろう。
表紙も綺麗だし(← 文芸書担当とは思えない発言)。

ただ、今回ボクが気になったのは、実は文芸誌としてのFEEL LOVEではなく、角田光代のエッセイ「旅と日常」なのだ。元々旅が好きで、日常というワードは映画を見るにしても、小説を読むにしても自分の中でリアリティと同列で重要な語句。ふと気になって立ち読みしたら、いやぁすごい。

ボクの中で、長年ぼんやりとしていたことが見事にスッキリと言葉で表現されていた。

旅と放浪(トラベルとジャーニー)の精神的な違い。
旅をすると、必ずと言ってよいほど「あぁ、こんな楽しくて素敵な時間がずーっと続けばいいのに」と思ってしまう。そして、放浪の旅に憧れ非日常へと飛び出したくなる。しかし、角田光代はこう言う。


「旅は生活の対極だが、放浪はすでに生活であるということだ」
「帰るから旅だ。帰る理由と帰る場所があるから、旅は旅となり得るのだ」と。


つまり、放浪はその当人にとって見れば、確実な日常なのだ。
むしろ毎日の生活の間に、ひょっこりと生み出された数日間の旅こそ、非日常なのかもしれない。
そう考えると、終わりのない旅などなく、もしあるのだとしたら、それは新たな日常との錯覚なのだ。
日常から逃れるように、「ここではない何処か」へと想いを抱いても、それはなんら代わりのない
新しい日常の始まりに過ぎないのだなぁ、と。。。

今ある毎日をありがたく、楽しく過ごして、日常をしっかりと受け止め、受け入れ、そして
奥さまとオチビさんと一緒に新たな旅に早く出たいものです。
そんなことを考えました。

角田光代の小説を久しぶりに読んでみようと、そう思います。
[PR]
# by pilotfish73 | 2009-09-25 23:54 | 雑記